ゆうゆう、ゆりはま

ゆりはまムービー

悠々として、遊びごころと優しさにあふれる人々に会える

海で湖で里で
ゆうゆうと生きている
すてきな人びとと
豊かな産物たち

鳥取のサンルームと呼ばれるほどあかるい陽がふりそそぎ、人びとにすこやかさがあふれる町、鳥取県湯梨浜町。美しい水景色の東郷湖のほとりに、全国でもめずらしい湖中温泉が湧きます。里には二十世紀梨をはじめ、魅力的な果実がみのります。日本海に面して清らかな浜がつづきます。この風土を舞台に、個性豊かな活動をつづける人びとを訪ね、お話を聞き、動画を撮影しました。「ゆうゆう」とは、おおらかな「悠々」。あそびごころの「遊々」。やさしい「優々」。今日も、海で湖で里でゆうゆうと生きているすてきな人びとの元気な笑顔が満載。東京から飛行機で1時間ほどで飛んで来られる鳥取のサンルーム・湯梨浜町は、ワーケーションの候補地としても、首都圏や京阪神から注目されている土地のひとつです。こちらの動画は、同時にリリースされた冊子とともに、湯梨浜町のリアルな魅力を全国に、世界に発信するためのイメージ動画です。

悠々として
遊びごころと
優しさにあふれる
女性たちのかがやき

鳥取県湯梨浜町は、「伯耆国羽衣天女伝説」で知られるように、
抒情性にあふれ、女性たちがいきいきと輝くまちです。
「ゆうゆう、ゆりはま」。
その姿をいきいきと描いた動画の第一弾。
日々の暮らしを描きながら、「小さな町の、大きな発信力」を訴求します。